笹本です。

もう10月となりました。寒さの気配が感じられますね。体調はどうですか?

スポーツが一番わかりやすいのかもしれませんが、好成績を残す選手は必ず指導者への信頼が厚いことがわかります。

指導者も選手がすべての力を発揮できるように、綿密な指導計画を練ります。

信頼を得ることができるような、その選手に合った方法で導くのでしょう。

でもそこに至るには、おそらくある程度の時間も必要になってくると思います。

みなさんの受験に、アドバイスをくれている方(高校の先生、私塾の先生)は、その道の指導のプロです。

それでも時間経過がないと、最初から信頼関係はうまく築けないかもしれませんので、そこは忘れないでくださいね。

気が付かないかもしれませんが、あなたの癖をうまくとらえてくれているはずです。

自分の頬についたご飯粒が自分には見えないように、自分自身のことは、自分では見えないものです。つまり、なかなか客観的にはなれないものです。

でも指導者は、そこをきちんと伝えていきます。

指導を受けて、腹がたったり、がっかりしたりするかもしれません。

思いが届かず悔しく思うかもしれません。

もし可能な状況なら、きちんとそう思ったことは、伝えてください。

指導を受けるものと指導する側に力関係はありません。

指導者は神様ではないから、あなたの想いはあなたが伝えない限り、わかりません。

あなたの意見を、もちろん聞きます。

考え方の相違や納得のいかないとこは、そのままにしたり、流してしまったり、ということがないようにしてください。

小論文にしろ、面接にしろ、自分の思いを相手に伝えること、そこが、一般入試とは、何より違う部分なので、普段の受験対策中も、曖昧にしないでください。その相手が、その受験指導者ならもちろんです!

同時に、あなたも、先生方の指導を真摯に受け止めてくださいね。

お互いを理解することを重ねて、その間柄に信頼関係はできていきます。

その先にあるゴールを、一緒に目指していきましょう!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly